胃痛 原因

胃痛の原因とは

日常生活を送っていると、胃が痛いという経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

 

そんな胃の痛みの原因と対処法を調べてみました。

 

 

一言で胃痛といっても、一時的な胃痛の場合と同時に吐き気や胸やけ、貧血などの症状があり、病気のサインとしての胃痛の場合があります。

 

 

そこで今回はいくつか例を挙げて、見ていきたいと思います。

 

 

@一時的な胃痛

 

突発的な胃痛の場合は様々な原因が考えられ特定するのが困難な場が多いです。

 

 

ですが、近年ではストレスによる胃痛が増えてきているようです。

 

 

例えば、人前でのスピーチや会社に出社する前などですね。

 

 

このような場合には、お腹をさすって温める、薬を飲む、ツボを押すなどが効果的です。

 

急なストレスで胃痛になった場合は試してみてください。

 

 

A病気のサインとしての胃痛

 

胃痛が起こる主な病気としては、胃潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃がんなど様々な病気が考えられます。

 

 

どれも聞いたことがある病気ではないでしょうか。

 

 

中でも日常的に起こりやすいのは、急性胃炎です。

 

 

急性胃炎は、刺激が強い飲食物やストレス、薬剤、インフルエンザの感染症など多岐にわたる原因が考えられます。

 

 

急性胃炎になると、みぞおち付近に痛み、むかつき、吐き気などの症状がみられます。

 

 

また、「急性」のため発症までが短時間に起きます。このような症状がみられた場合には、刺激物やストレスを避けて安静にすることで症状が緩和されることがあります。

 

 

また、症状がひどい場合には、点滴や入院が必要な場合もありますので、無理をする前に専門医に相談することが大切です。

 

 

次に、胃潰瘍もよく聞く病気かと思いますので触れておきます。

 

 

胃潰瘍の原因は、ピロリ菌と解熱鎮痛薬が主な原因と言われています。

 

 

以前は、ストレスが主な原因と言われていましたが、現在では、ピロリ菌により胃粘膜が弱まること、NSAIDsと言われる解熱鎮痛薬が胃粘膜に異常を起こすことが胃潰瘍の主な原因と言われています。

 

 

胃潰瘍になると、痛み、吐き気の他に胃の出血による黒い便や.吐血という症状がみられます。

 

 

治療法は薬で対処することが多いようです。

 

 

ですが、症状が進み胃に穴が開いている場合には手術を行うことがありますので、早めに対処することが大切です。

 

 

Bまとめ

 

今回は、胃痛から考えられる病気をいくつか挙げてみました。

 

 

その他にも考えられる病気はあるので、たかが胃痛ではなく、早いうちから対処することを心掛けることで、最小限の治療で治すことができます。

 

 

胃痛を感じたら、痛み以外の症状があるかも合わせ気にしてみてください。

 

 

胃が痛い サプリ